AppleWatchダイエット

AppleWatchでダイエット

こんにちは、Kotobukiです。

サラリーマンをしながら副業で3サイトを運営しています。

私はAppleWatch(アップルウォッチ)を使ったダイエットに取り組んでいます。

やり方は、アップルウォッチを毎日眺め続けるだけと、いたってシンプル。

これで驚くほどの効果が生まれます。

 

AppleWatchダイエットとは

AppleWatchを使って日々のデータをトラッキング(データ収集や追跡の意味)します。

トラッキングするのは、「消費エネルギー」と「摂取エネルギー」の2種類。

「消費エネルギー>摂取エネルギー」が続けば、ダイエットは成功です

 

AppleWatchダイエットの公式

消費エネルギー - 摂取エネルギー ≧ 必要な脂肪燃焼

脂肪1キロを消費するのに必要なエネルギーは、約7,200キロカロリーと言われています。

月に1キロ痩せたいなら、1日に240キロカロリーの脂肪燃焼が必要です。

 

AppleWatchダイエットに必要なもの

  • iPhone
  • AppleWatch
  • カロリー計算アプリ

AppleWatchにはiPhoneが必要です。

androidをお持ちの場合は、アンドロイド対応のスマートウォッチをお求めください。Fitbitなら同じことはできます。それ以外の格安スマートウォッチで対応できるかは定かではありません。

iPadではAppleWatchもFitbitも動作しません。ご注意下さい。

アップルウォッチはiPadで使えるの? 購入検討中の方に向け解説こんにちは、Kotobukiです。 サラリーマンをしながら、副業でブログなど4サイトを運営しています。 アップルウォッチについて...

 

AppleWatchダイエットが向く人・向かない人

【向いている人】

  • データを記録するのが好きな人
  • 論理的思考や行動ができる人
  • スマホを頻繁に見る人

 

【向いていない人】

  • データを記録するのが苦手な人
  • 毎日スマホをあまり見ない人

 

以前「レコーディングダイエット」が流行りましたが、AppleWatchダイエットは手間なく、よりデータ指向な再現性の高いダイエット法です。

created by Rinker
¥770
(2021/09/18 12:39:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

AppleWatchダイエット 3つの特徴

目標達成のプロセスが可視化される

通常ダイエットでは、体重計に乗って毎日の体重をチェックしますが、それはあくまで結果の話です。

AppleWatchダイエットは、目標体重を達成するまでのプロセス(過程)を可視化します。

具体的には「消費エネルギー」と「摂取エネルギー」をアップルウォッチでトラッキング、必要な脂肪燃焼エネルギーとの対比を毎日行います。

言葉だけ聞けば、かなり難解・面倒そうですが、アップルウォッチならこれを半自動で追跡することができます。

 

AppleWatchがダイエットを応援してくれる

TVコマーシャルでもお馴染み、AppleWatchがあなたの目標を応援してくれます。

目標達成に向け提案で背中を押してくれたり、達成した時はこんな形で祝福してくれます。

 

常に身に付けてチェックできる

いまや生活する上で、なくてはならないスマートフォン。

肌身離さず身に付けて、1日に数時間の利用が普通になっています。

AppleWatchでダイエットすれば、その効果を自然と毎日、場合によっては何度も確認することとなり、それだけダイエット効果も高くなるでしょう。

 

AppleWatchダイエットの進め方

脂肪1キロを消費するのに必要なエネルギーは、約7,200キロカロリーと言われています。

月に1キロ痩せるには、1日に240キロカロリーが必要です。

消費エネルギー ー 摂取エネルギー ≧ 240キロカロリー

この不足240キロカロリーは、脂肪を燃焼させて賄われます。

これを毎日続ければ、月に1キロ痩せることが出来る計算です。

 

1日の消費エネルギー量の把握

消費エネルギーは、次のように分解されます。

消費エネルギー=安静時消費エネルギー+アクティブエネルギー

安静時消費エネルギーとは、身体が最低限の活動を行っている時に消費されるエネルギーです。

アクティブエネルギーは、歩く、走る、家事をする等、運動と活動で消費されるエネルギーです。

この2つのエネルギーは、AppleWatchで自動的に追跡可能です。

 

私の月の安静時消費エネルギーの平均1,669キロカロリー、アクティブエネルギーは日によってバラツキはあるものの平均600キロカロリーです。

私の1日の消費エネルギーは2,270キロカロリーです。

農水省が成人男性の目安として、1日に2,200±200キロカロリーと設定しているので、およそ標準レベルです。

 

1日の摂取エネルギー量の把握

一方で摂取エネルギーは、AppleWatchで測定できません。

私はカロリー計算アプリ「YAZIO」を使って、日々の食事のカロリーを計算しています。

YAZIOの特徴は、コンビニや飲食店の膨大なデータベースを持っていることです。

例えばランチに「セブンイレブンの鮭おにぎり」を食べたなら、選択するだけ。

これでカロリーや炭水化物、タンパク質の量まで分かってしまいます。

毎日の入力は面倒ですが、そのうち入力しないと気持ち悪くなるくらい、慣れると面白いです。

YAZIOは年2,200円です。

無料版もありますが、データベース量が違うので有料版をお薦めします。

YAZIOはiPhoneのヘルスケアアプリと連携させて確認することができます。

 

消費エネルギーと摂取エネルギーの追跡

あとはiPhoneのヘルスケアアプリに、安静時消費エネルギーとアクティブエネルギー、摂取エネルギーを表示させるだけ。

「消費エネルギー - 摂取エネルギー ≧ 必要な脂肪燃焼」となるよう、毎日チェックを続けます。

「消費エネルギー - 摂取エネルギー」が毎日平均240キロカロリーになるなら、月に1キロ、平均480キロカロリーなら月2キロ痩せる計算です。

 

気を付けて欲しいのは、「安静時消費エネルギー > 摂取エネルギー」とならないようにしてください。

日常生活を維持する必要最低限のエネルギーを下回れば、筋肉が小さくなったり、身体に防衛本能が働き省エネモードになったり。

やりすぎは、反動がきます。

 

アクティブエネルギーの目安

運動で消費するエネルギーの目安です(1時間当り)

ウォーキング 250キロカロリー

ランニング 600キロカロリー

室内バイク 150キロカロリー

 

私はアクティブエネルギーを1日650キロカロリーに目標設定しています。

1日の仕事スケジュールや天候で出来る事が変わります。

私の場合、通勤(家と会社の往復)だけで1日45分歩くことになり、約200キロカロリーのアクティブエネルギーを消費します。

テレワークなら、これがゼロになるので、かなり意識して運動しないと、650キロカロリーの消費は難しいですね。

 

今日は、このあたりで。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。