転職

【登録無料】介護・保育の転職なら絶対外せない万能サイト「ジョブメドレー」

ジョブメドレーのレビュー記事です。介護・保育業界でこれから転職活動を行う人むけに書いています。

介護や保育の転職サイトをネットで調べれば、大量の口コミ情報。

何を信じて良いか分からないですね。

私自身は、人事コンサルタントとして20年のキャリア、その後は事業会社の役員として、ジョブメドレーを利用する立場です。今回は求人する側からの視点も書きました。

全部で4000文字を超える詳細情報ですが、先に結論をまとめておくと次の通りです

 

ジョブメドレーの評判

  • 掲載情報が多い
  • 検索機能やスカウトメールが使いやすい

こんな転職者に特におすすめ

  • 初めて業界に転職する方
  • とりあえず気軽に情報収集から始めたい
  • 広くたくさんの情報を集めたい
  • 都市部以外の方にも

こんな方にはおすすめできない

  • 転職エージェントに登録したい
  • 人材派遣に登録したい

とはいえ老若男女、どんな人でも使い勝手の良い転職サイト

保育や児童福祉の業界、介護業界で転職するなら必ずジョブメドレーはチェックしておくべきです。

では、本題に進みます

 

 

ジョブメドレーは医療・介護・保育の業界で働く人のための転職サイト

ジョブメドレーは医療・介護・保育業界向け求人サイト。月の訪問者数は220万、登録会員数は44万人(令和元年10月時点)の業界最大級の求人転職サイト。運営するのは株式会社メドレー、2019年にマザーズに上場しました。

創業者で代表者の豊田氏はなんと33歳(2019年時点)!

東京大学医学部卒の脳外科医であるバリバリのエリート医師がビジネスの世界に飛び込んで、その上、しっかり成功しているなんて、まさに怪物、天才ですね。

情報の見やすさや検索のしやすさ、営業電話がかかってこない、地方の求人情報も充実などで、私自身はジョブメドレーを高評価しています。特に介護業界、保育業界の方にはおすすめの求人サイトです。

【本音解説】介護職の転職サイトでおすすめは、たった3つ介護事業を運営する私が、本音でおすすめできる転職サイトを解説します。 ぶっちゃけ介護系転職サイトは無駄に数が多いです。「電話がしつ...

 

といっても、今回初めて転職先を探している方や、ジョブメドレーを使った経験のない方、不安な部分や分からない点もあるでしょうから、クチコミ情報も紹介しつつ、ジョブメドレーを丸裸にしましょう。

私自身は、介護事業運営に携わる関係で、ジョブメドレーとも一緒に仕事をした経験があります。つまり求人する側ですね。転職サイトを求人する側からも切り込んでいければ。

 

求人側にとってのジョブメドレーの評価

ジョブメドレーは掲載無料、サイトを通じて入社が決まった際の成功報酬と、スカウトメールで収益をあげています。

成功報酬は保育士の場合30万円、他の転職サイトと比べて報酬額は安いです。(令和元年10月時点)

掲載無料、期間無制限のため「とりあえずは掲載しておこう」と軽い気持ちで掲載することが出来ますが、反面、求人へのモチベーションが低いにも関わらず掲載を続けている場合もあります。「そういえば掲載していたな」なんて、後から気付くことも。

 

ジョブメドレーで求人情報を見つけるには

ジョブメドレーの使い方は、①検索して欲しい情報を探す、②スカウトメールから気に入った情報を選ぶ、の2つです。②の機能を使うには会員登録が必要です。

 

ジョブメドレーの検索機能の特徴とメリット、デメリット

ジョブメドレーの求人情報検索に会員登録は必要ありません。

転職サイトによっては、会員登録しないと全ての情報が見られないサービスもありますが、希少価値の高い情報でもないのに、出し惜しみはユーザー離れに繋がりますね。

検索画面はこんな感じ。掲載数が多いので、絞り込みしましょう。

私が検索機能で必須と考えているのは駅名検索。保育士さんや介護士さんは職住接近を志向されるケースが多いので、駅名検索が出来ない転職サイトは失格と申し上げてよいでしょう。

ジョブメドレーで特徴的なのは、希望給与で検索できること。ただし、余り良い条件を入れすぎると、ヒットする情報が少なくなります。

検索結果は分かりやすいです。検索結果が一覧で表示されるだけでなく、募集給与も一覧で見える、価格comのようです。

他の保育系の転職サイトには、ここまでハッキリと見えるサイトはありません。

 

求人情報の詳細を確認してみましょう。

そして注目は「スピード返信」マーク。

「この施設はレスポンスが早いですよ」とメドレーのお墨付きです。

ジョブメドレーのネガティブな評判のひとつに、施設からの連絡が遅い、あるいは連絡が来ないというのがあります。

掲載無料、期間無しというのであれば、「採用は必要ない」「掲載しているのを忘れていた」ようなモチベーションの低い施設も含まれてしまいます。

このマークは掲載企業への動機付けという意味でも良いでしょう。

採用する側、される側、お互いのマナー向上が大切です。

保育や介護業界の場合、人事担当と言いつつ現場と兼務している場合や、そもそもメールやサイトなどの情報リテラシーが低い施設が多いので、(採用する意欲は高いのに)悪気無く反応が遅くなっている場合もあります。

 

ジョブメドレーの会員登録

スカウトメールを活用するために無料の会員登録が必要です。

住所や希望勤務の形態を登録、条件にマッチした保育所からスカウトメールが届きます。

住所や電話番号の入力は、その後を考えるなら正確に入れましょう。会員登録はLineアカウント経由でも可能。これは便利ですね。

 

【ジョブメドレーの会員登録(無料)】

*保育士の方は・・・
保育士求人【ジョブメドレー】 

*介護業界の方は・・・
介護求人【ジョブメドレー】

 

スカウトメールの特徴とメリット、デメリット

会員登録すると、その日からスカウトメールが届きます

自分が特別にスカウトされているような錯覚に陥りますが、企業情報と会員情報をマッチングさせてメールが送られるだけですので、ビックリする必要はありません。

気に入った情報があれば、スカウトメールに返信することで、相手に連絡が届くことになります。

スカウトメールの良い点は、採用する側、される側、双方の思いが事前に一致していること。応募しても返事が来ないようなデメリットがスカウトメールにはありません。

その結果、通常の応募ルートより内定確率は上がります。

 

サイトにアクセスする手間も省けるので、時間をかけて良いなら、気長にスカウトメールをチェックするのも使い方です。

ただし裏話があり企業がスカウトメールを無料で使えるのは月200通まで、それ以上は有料サービスです。

私の会社でも、「費用を払ってスカウトメールを利用したい」と人事担当が稟議を上げてきます。(結構、高額です)

となると有料サービスにお金を払った企業からのメールが目立ちます。「スカウトメール=あなたの条件にベストマッチした企業」ではないので念のため。

 

 

ジョブメドレーまとめ

いかがだったでしょう?

2019年にはマザーズ上場も果たし、勢いに乗るジョブメドレーをご紹介しました。

ジョブメドレーは、多くの情報の中から自分で気に入った求人情報を探して、直接、応募したいと考える人に向いた転職サイトです。

「自分で探す」コンセプトで運営されているので、サイト利用者が探しやすい、目的に情報に到達しやすいように、画面は設計されています。

また面倒なプッシュの電話が無いので、まだ充分に転職の意思が固まっていない人でも、スカウトメールなども使いながら、自分のペースで探すことができます。

その一方で、転職活動についてしっかり教えて欲しいという方にとっては、「フォローが無い」「連絡が来ない」と不満を持つ方も出てくるかもしれません。

そのあたりは、自分自身のニーズによって使い分ければ良いでしょう。

ただし、掲載情報が多く、よく整理されています。まずはジョブメドレーで調べてみる、辞書的な使い方ができるので、いずれのニーズを持つ方でも、とりあえずは会員登録しておくことをお薦めしています。

 

登録(無料)は・・・

保育士求人【ジョブメドレー】 

介護求人【ジョブメドレー】