50代

50代男性の転職成功率 厚労省の統計データから「転職は54歳まで」仮説

50代男性で転職活動をしても、年齢が理由で厳しくなるのではないかと考える方もいるでしょう。
Googleの予測変換で「転職 50代」と入力すれば、「厳しい」「成功率」といった言葉が後に続くので、多くの方が考えることなのかなと思います。

 

私自身も同世代として、考えなくもない50代の転職。
推測や筆者の主観を排して、厚生労働省が毎年調査する「雇用動向調査」の2019年結果をもとに、50代男性の転職成功率の仮説を立ててみました。

 

私自身はコンサルタントとして20年のキャリア、その後は事業会社の役員をしています。
50代のビジネスパーソンのキャリアデザインについて個人的に関心もあり、関連記事を幾つか書いていますので、あわせてご覧頂ければ幸いです。

 

転職成功率とは

そもそもですが、転職成功率の定義付けから始める必要があります。
成功の定義は人それぞれ。

「成功した」と本人が考えれば成功でしょうし、どんなに好条件で転職しても、本人が「失敗」というなら失敗です。

本記事では、体験談でなく、あくまで「成功率」をご紹介したいので、感じ方は人それぞれあると思いますが、転職成功率を以下のように4段階で定義しました。

 

転職成功率の定義

①転職できた割合
②正社員として転職できた割合
③無職期間のない転職割合
④転職により給料が上がった割合

それでは、それぞれ見て参りましょう。

 

転職成功率①:50代で転職できた人の割合は?

離職率(常用労働者に対する離職者の割合)と転職入職率(離職から1年以内に転職した人の割合)を比較しました。
また各年齢層とも対比。
これにより、50代で離職した人の1年以内の転職成功率が、他の年齢層と比較して高いのか低いのか推測できます。

 

■男性(年齢別・全雇用形態)の離職率と転職入職率

年齢計 40~44歳 45~49歳 50~54歳 55~59歳
離職率 13.4% 7.4% 8.2% 6.0% 9.1%
転職入職率 9.3% 5.9% 6.2% 6.3% 5.3%
転職成功率① 69.4% 79.7% 75.6% 105.0% 58.2%

 

年齢計や40代と比較して、50代前半の転職成功率は高いのが分かります。
成功率が100%超となっているため、データでは離職した全ての人が何らかの形で1年以内に転職していると言えるでしょう。

一方で、50代後半になると成功率が大きく下がっています。
このデータを見る限り、「50代前半の転職成功率は高い」と言えます。

 

転職成功率②:50代で正社員として転職できた人の割合は?

次に正社員として転職した人の割合を、他の年齢層と比較してみました。
私自身は若干の異論がありますが、一般的には正社員の方が給料も高く、雇用も安定するはずなので、こちらを転職成功としました。

なおこちらのデータは2018年版となっています。

 

■男性(年齢別)の転職後の雇用形態

年齢計 40~44歳 45~49歳 50~54歳 55~59歳
期間の定めなし(転職成功率②) 72.3% 85.0% 89.2% 84.6% 74.9%
期間の定めあり 27.7% 15.0% 10.8% 15.4% 25.1%

 

40代と比較して、50代前半の正社員の比率は変わらないことが分かります。
一方で50代後半になると、一気に比率が下がるので、こちらもフルタイムの正社員として転職したいなら「50代前半まで」となります。

次の表は全年齢層が対象となります。

【前職】雇用期間の定めなし 【前職】雇用期間の定めあり
【現職】雇用期間の定めなし 【現職】雇用期間の定めあり 【現職】雇用期間の定めなし 【現職】雇用期間の定めあり
比率 50.4% 14.8% 7.5% 24.0%

 

これによると、雇用期間に定めのある契約社員、派遣社員などが、雇用期間に定めのない正社員に転職する確率は約25%、4人に3人はパートや契約、派遣社員のままの雇用形態であることが分かります。

これらのデータから、正社員から契約社員や派遣社員へ雇用形態を変更することは、その後の再転職で正社員へ戻られる確率が下がり、50代にとってはリスクが大きいことを示しています。

 

転職成功率③:50代で無職期間のない転職者の割合は?

離職から転職活動に要した期間を年齢別に比較しました。
次の転職先を見つけて離職するケース、つまり無職の期間がない人は、転職先が今の労働条件より良いとの判断で転職するケースが多いでしょうから、こちらを転職成功としました。
もちろん各家庭の事情や給料などの条件があるので、一概に全て成功とは言えないでしょう。

 

■男性(年齢別)の離職期間

離職期間 年齢計 40~44歳 45~49歳 50~54歳 55~59歳
15日以内(転職成功率③) 46.4% 53.1% 55.7% 51.8% 58.2%
3ヶ月以内 27.6% 30.4% 19.3% 24.0% 20.1%
3ヶ月以上 26.0% 16.5% 25.0% 24.2% 21.7%

 

調査結果によると、50代の50~60%が離職15日以内、つまり無職期間を経ずに転職している事が分かり、40代と比較しても大きな違いないことが分かります。
「次の転職先を見つけた上で離職する」傾向が、50代男性は、よりはっきりとしているのかもしれません。こちらも「50代の転職成功率は高い」という事ができるでしょう。

 

転職成功率④:転職により給料が上がった割合は?

転職成功率を計る上では、最も合理的なデータかもしれません。
前職と比較して、給料が上がった割合を、これも年齢別に比較しました。

 

■男性(年齢別)の転職前後の給料の変化

転職による変化 年齢計 40~44歳 45~49歳 50~54歳 55~59歳
給料が上がった(転職成功率④) 35.3% 39.4% 32.9% 19.6% 22.1%
変わらない 27.8% 32.1% 42.1% 35.2% 32.0%
給料が下がった 35.3% 27.3% 24.0% 43.0% 42.3%

 

くしくも全体平均では、転職により「給料が上がった」と「給料が下がった」比率がちょうど同じ。40代は「給料が上がった」人が多く、逆に50代は「給料が下がった」人が多い結果となりました。
給与面から言えば、「50代の転職成功率は高くないと」と言えます。
とはいえ、「変わらない」と合わせれば、50代以上でも50%以上の人が転職によって「給料が下がっていない」のも事実です。

 

50代の転職成功率まとめ

厚生労働省が毎年実施する調査結果から考察した50代の転職成功率でした。
私がまとめているのは、あくまで仮説の範囲ですが、データそのものは毎年実施、母集団も多く、信頼できるのではないでしょうか。
ここまで、50代の転職成功率について、次のようにまとめる事ができるでしょう。

 

・54歳までの転職なら40代と成否に大きな違いはない
・一度、契約社員や派遣社員になると、次の転職で正社員に戻る確率は25%
・50~60%の人が次の転職先を決めてから離職している
・50%以上の人が転職により給料が下がっていない(アップもしくは現状維持)

 

50代で転職するなら

転職エージェントの利用をおすすめします。
専門の担当者より、あなたのこれまでのキャリアや経験と、50代の採用に積極的な企業をマッチング、より良い条件で紹介してくれます。

さらに、自身の市場価値を知ることで、今後の転職活動を進める上でも役立ちます。

転職エージェントの中には、20代、30代の若手社員に強いエージェントもあるので、50代の転職に強く、管理職向け、ハイクラス向け人材に強いエージェントを利用しましょう。

次のようなところがおすすめです。

高年収層に特化したJACリクルートメント

管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けの高年収層(年収600万円以上)に特化した転職エージェントです。50代以上なら、こちらででしょう。

ハイクラス人材ならランスタッド

世界最大級の転職エージェント。消費財、製造業、管理部門でハイクラスを目指すならこちらです。

リクルートエージェントは転職成功実績№1

業界最大手。全体の約90%が非公開求人です。年齢にかかわらず、こちらを登録しておけば無難です。

 

今日はここまで。今後のキャリアデザインを進める上で、少しでもお役に立っていれば幸いです。

 

■こちらもおすすめ

50代からの4つの“食える資格” withコロナ時代おすすめコロナウイルスの感染拡大は私たちに大きな影響を及ぼしました。 飲食業、旅行業界、サービス業などへの影響は計り知れず、また数年間は元の状...